marchanikeの笑顔日記

心豊かに、自由に、今を生きる💕

9月9日 重陽の節句

我が家の方は大雨警報がでています。

お互い気をつけて、愉しんで今日も過ごしましょうね💕

 

この方のブログも好きです!

「おのころ心平です。

 

本日9月9日、

重陽節句

 

東洋思想の陰陽論では、
1月7日、七草の節句
3月3日、桃の節句
5月5日、端午の節句
7月7日、七夕の節句
9月9日、重陽節句
 


五節句あります。


***


そして、9月9日こそは、

陽の極である

「9」が重なるということから


重陽」と呼ばれ、

最高にめでたい日なはずですが、


ただ、日本では「9」は、

読みが「苦」に通じ、


苦しみの9、
苦渋の9、


という呪縛がかかって
 
重陽節句は、
ほかの節句と比べて
メジャーになりきれません。


***


でも、僕は、


本来神聖な「13」という数字を、

キリスト教では

不吉な数字として

封印するのと同様、

 

「9」も、本来は

命の原理を探るに欠かせない数字、


生命のサイクルの謎を解く

メッセージが封印されていると


考えています。


***


九星気学」は言うに及ばず、

9つの数字を基本とするカバラ数秘術

エニアグラムの9つの性格など

9をまとまりとする性格分析は多いですし、


そもそも、

妊娠して赤ちゃんが生まれるまでの


38週=266日

は、ちょうど月の朔望周期、


29.53059日

×

「9」周期


≒266日


に当てはまるのです。


***

母子手帳などに記載されている

分娩予定日というのは、


最終月経の第1日目を起点にして、
280日目(40週)を

目安としていますが、


これは、

最終月経からなので、


実際に着床した

あなたの細胞誕生は、
最終月経から排卵日までの日数の

およそ2週間後です。

280日から2週間を差し引くと、


月が9回サイクル

を刻む間、お母さんのおなかの中で

過ごすのです。


***


そんな神秘の「9」という数字が

重なる本日、重陽節句

 

自分比でけっこう、

あなたのここ数ヶ月の中で

もっとも陽気な笑顔で


今日を過ごしてみることを

意識してみてくださいね。」

 

今日も1日素敵な1日でありますように💕